2011年12月04日

プードルを迎えるにあたって

あきでちゅ



あき


ご無沙汰していまちゅ。

最近、いろいろ考えることがありまちて、あたちたちが、もし新しくブリーダーからプードルの仔犬を迎えるとして、必ずブリーダーに尋ねるべきことを書いておこうと思いまちゅ。

みなさんの多くは承知しているとは思いまちゅが、それは遺伝的疾患についてでちゅ。

こういう問い合わせは、ブリーダーのプライドを傷付け、気を悪くさせるかもしれないという懸念から聞きづらいと考える人もいるかもしれませんが、全然聞いて良い話と思いまちゅ。

今、有名ブリーダーのホームページなどにもスタッドドッグ(交配犬)のPRA(進行性網膜萎縮症)の検査結果やパテラ(膝蓋骨脱臼)の評価を載せているブリーダーも増えてきているように思いまちゅ。

もし、問い合わせして気を悪くするようなブリーダーは知識がないのか、何か負い目があるのか、知られては困るような事実があるのかしれません。

良質なブリーダーならきっと、そのような問い合わせに対して遺伝的疾患の勉強もしているような人なら、信頼して仔犬を譲れると思うのではないでしょうか。

プードルも含めて犬には、内臓疾患、関節疾患、眼疾患など多くの遺伝的疾患があるとされていまちゅが、原因遺伝子が解明されていてDNA検査が可能な疾患はわずかでちゅ。

しかしながら、プードルなら必ず、DNA検査が可能なPRA検査の確認はするべきと思いまちゅ。

一応、説明する必要はないかと思いまちゅが、問い合わせの仕方は電話又はメールで「仔犬を迎えたいのですが、両親PRA検査をしていますか?」で良いと思いまちゅ。
そして、「"PRAを知らない"、"検査していない"」という回答なら、そのブリーダーから迎えるのは考えた方がよいかもしれません。
「検査をしていて、ノーマル(クリア)またはキャリア」という明解な回答なら、信用できるように思いまちゅ。
さらに言うなら、もし「キャリア」と明解に回答するようなブリーダーなら、逆に信用できるように思いまちゅ。自らネガティブな内容を公表するわけですから。
ただ、片親がキャリアなら1/2の確率でキャリアの子が生まれるので、一考が必要になるかもしれません。
ただ、そういうブリーダーなら仔犬を譲る前にPRA検査をしているかもしれません‥‥‥。

また、PRA検査をしているようなブリーダーなら、当然そのほかの遺伝的疾患に対する意識も高いと言えるかもしれません。

偉そうにも以前「ブリーダーかくあるべき」などという記事を書いているので参考まで‥‥‥

PRAの詳細については、以前の記事「PRA検査」をご覧くだちゃい。
一応簡単に説明すると、検査機関GTGの統計によると、トイプードルのPRAのキャリア以上は46%(キャリア39%、アフェクテッド7%)。
キャリア×キャリアなら1/4の確率でアフェクテッド。
キャリア×アフェクテッドなら1/2の確率でアフェクテッド。
アフェクテッド=ほぼ失明しまちゅ。

また、女の子をお持ちで交配も考えている人もPRA検査をして、また交配相手も必ず確認すべきことと思いまちゅ。
交配相手がチャンピオンだろうと必ず確認してくだちゃい。(ショーの審査に遺伝的疾患の検査はありませんから)
仮に女の子がキャリアだとしても、交配相手がノーマル(クリア)ならprcdPRAが発症することはありません。

検査方法は、GTGに電話して検査キットを送ってもらい、綿棒で愛犬の口内粘膜を採取して送り返すだけです。検査料は12月10日〜12月24日の間なら10800円です。

今月18日、東京ビッグサイトで行われるFCI東京インターナショナルドッグショーでGTGが集団検診を行うようなので、それを利用するのも良いかもしれまちぇん。
セピアも行く予定でちゅ。


師走にまたまた、まとまりのない内容かつ偉そうなことを言ってすみません。
そんなことわかっているという人が多かろうと思いまちゅが、あたちたちの意見として参考にしていただければ幸いでちゅ。



もしかしたらこれが今年最後の記事になるかもしれません。
本年も、超オタクなマニアックな記事を読んでいただきありがとうございまちた。
みなさん、良いお年をお迎えくだちゃい。


ご意見、ご質問等ありましたら、コメントまたはメールホームからお願いいたちまちゅ。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへPRA検査の普及にポチッと応援よろちくお願いいたちまちゅ!

ニックネーム オータム at 20:54| Comment(10) | TrackBack(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
今日はセピアちゃんにワンワンとHimeがうるさくしてスミマセンでしたあせあせ(飛び散る汗)

いつもランでは色々とお話してくださりありがとうございます。
勉強になるのでまたランで会ったときにはヨロシクお願いします。
Posted by Hime at 2011年12月04日 22:35
Himeさんへ
いえいえ、誰に似たのか飼主の責任かセピがへたれでお気遣いなきよう願います。

みんな可愛くて羨ましいです。
カットもいろいろ楽しめますね。
ママさんのパピークリップ楽しみにしています。
そして、いつかオーナートリマーハンドラーに挑戦してみては!
Posted by オータム at 2011年12月04日 23:36
こんばんは^^
遺伝疾患の問題のみならず,繁殖ってホント難しいと思います。我が家も,PRA,膝蓋骨,股関節等の検査も行っていますが,それだけで十分とは思えないこの頃です。
結局,それらの遺伝疾患の検査は行っていても,その他,体の構成がイマイチであれば,怪我などにつながる恐れもあるし,お産をさせてみればホルモンの働きが弱いのか異常分娩になってしまう場合もあるだろうし,性格がみな良い訳ではないし…等々顔(泣)
ワンへの負担も少なくしたいと思い,生涯のお産回数をたった1度で済めば…と思いますが,上記なようなことから,2回,3回,4回とお産している子の方が次世代へつながるような子を残すチャンスが多いような気もします。
ホント,難しい問題ですね。
我が家も今後の繁殖をどうしていったらいいのか…悩むところです犬(泣)
Posted by ちゃこまま at 2011年12月06日 21:08
ちゃこままさんへ
お久しぶりです。
PRAをはじめとする遺伝的疾患について本当にびっくりするくらい知らない人が多いように感じます。犬を飼っている人でも9割は知らないのでは。
以前、JKCチャンピオンの交配犬のPRAについて問い合わせしたら、PRAを知らなくて愕然としたことがあります。
人気犬種のダックス、プードルなどは約半分はキャリア以上というのに何故?
で、しつこいとは思いつつ何回もこのような記事を書いているのですが‥‥ 
ダックスのブリーディングは難しく悩ましいことも多かろう思いますが、良い子が生まれることを願っています。
Posted by オータム at 2011年12月07日 20:59
はじめまして。
あきちゃん、とってもかわいいですね〜!
りぼんはお手製でしょうか?お菓子のような甘いパステルカラーが似合いますね♪
ちょっとだけお知らせさせてください。

普段会話ができないペットのキモチをのぞくことができるんです。
あきちゃんのセイカクを設定するとこんなつぶやきが!

あきちゃん:\今、ボクのお腹鳴ったの聞こえた!? /
あきちゃん:\きょうはなにしてあそぶー? /

かわいいうちの子の写真をアルバムにしたり
コンテストに応募できたりも!!ぜひいちど覗いてみてください。

https://petorigoto.jp/
Posted by ぺとりごと at 2011年12月12日 12:37
はじめまして。
最近このブログを知り、とても勉強になります。
うちで飼っているトイプー(アプリ)2.6kg♀3才半の子供が欲しくて、先日ケイヒンミモトさんに見学に行きました。
犬舎に居るレッドの子、どの子と合わせてもOKと言われましたが、素人にはどの子が良いのかわかりません。
もし、どの子でも!って言われたら、オススメの子居ますか?
年齢的に今回がラストチャンスと考えていたら、
全く決められなくて、最終的には自分の判断だとわかっているんですけど、参考になれば。
ブログのメッセージに返答して頂ければと思います。
Posted by YUMI at 2012年03月07日 11:07
YUMIさんへ
コメントありがとうございます。
また、オタクなブログを見ていただき恐れ入ります。
まあ、正直なところ好みとしか言いようがありません。
スタンダートを考えるなら、YUMIさんの娘さんの欠点を補えるような骨格構成等を持っている子を選択するのですが、そこまで考えていないのなら、直感で決めても良いと思います。
あとは、例えばプードルはパテラの子が多いので三本さんに特に膝のしっかりした子を推薦してもらうとか、濃い毛色、退色しにくい、小さいサイズの子が出やすいのはどの子なのか聞いてみてもよいでしょう。
直子の実績からは、ぼくが知っている範囲ですが、例えばロケットくんはアメリカ、JKC、カナダチャンピオン、スケーターくんはJKCチャンピオン、エースくんも昨年JKCチャンピオンを出しています。
血統から個人的に好きなのは、スケーターくんです。アメリカのレッドの名門ヘルガのおそらく最後のチャンピオンと思われます。一般的にはロケットくん、エースくんと比べると人気がないようですが‥‥‥年齢もいっているので交配を受付けているかわかりませんが。カリサのスパーキー・ヘンリー・ジャックくんについては血統は知っていますが、その程度の知識しかありません。

そのほか、ご質問があればメールホームからお問い合わせいただければと思います。

可愛い子が産まれることを祈っています。

それから、YUMIさんのお名前クリックしたらアメブロのHPに行ってしまいました。
ブログをおやりになっているのですか?
Posted by オータム at 2012年03月07日 21:03
お返事、ありがとうございます。
『ユミのわん☆にゃんライフ』と言うアメブロをやっています。
お写真が見れるので、その方が良いかと思いまして(・・;)
10日に改めて見学に行って来ます。
言われた事を参考に色々聞いて来ますね!
因みに、うちの子の欠点は…
アンダー、毛量、色素、ロウソウ、
良い所は…2.6kgですが、ガッシリ筋肉質で詰まってる感じです。あと、一回も骨折をした事がない丈夫さ。
性格も明るく、誰にでも懐くし無駄吠えも一切しない所ですかね。(←親バカ入ってる気もしますが)
Posted by YUMI at 2012年03月08日 08:01
YUMIさんへ

ブログ拝見しました。
ミュウちゃん、可愛いですね。
三本さんには、たくさんの交配犬がいるので迷うのはもっともだと思います。
ミュウちゃんより小さい子を交配したとしても小さい子が産まれるとは限りませんし、こればかりは産まれてみないとわかりせん。
どういうタイプの子が産まれるかも楽しみにされれば良いかと思います。
ロウソウとは狼爪のことですか?
うちのあきも左足残っています。
断尾するときに、一緒に切除したと思うのですが、何故かあります。
ただ、これは切除していないだけで欠点とは言わないと思いますよ。
それから、性格が良いのは一番大切なことだと思います

YUMIさんが誰を選ぶのか、またミュウちゃんのお子様の誕生楽しみにしています。

また、何かお役に立つことがあればお問い合わせください。
Posted by オータム at 2012年03月10日 09:29
コメントありがとうございます。
ブログ内にもお返事書きましたが、
改めてこちらにも。
本当に参考になりました。
知識の内私には、目から鱗(゚o゚;
そう言えば、血統書を見ていたら、
ご先祖様に RIDER'S RED SUNRISEって子が居ました。
どんな子なのか?写真とかみれないかと思ったのですが、
私には探せませんでした( ̄^ ̄)
Posted by YUMI at 2012年03月11日 12:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2955838

この記事へのトラックバック