2013年01月20日

オチュくん、デビューしまちたよ!

きみちゃんでちゅよ


きみちゃん

あたくちの弟オチュくんことオスカーが、1月19日、千葉西クラブ連合会展にてショーデビューを果たしまちた犬(笑)

もちろん、あたくちはお父ちゃんと一緒に応援を行ってきまちたよ車(セダン)

出陣犬目録にオチュくんの血統名が載っているのは、ちょっと気恥ずかしいですが、ちょっと嬉しかったりするものです。


1月6日に預けた時は、散歩中に急に止まって踏ん張ったり、歩きはじめれば引っ張るという状態でちた。
お父ちゃんが多少ステイの練習はしていましたが、ショーマナーは全く入っていませんでちた。


そんなことから、前回のブログにも書きまちたが、あたちたちは、"ただリンクに立てればいい"、"普通に歩ければ儲けもの"くらいに思っていまちた。


オチュくん完走しまちた。
触診も嫌がることなく、先生についてテールを上げて綺麗に歩いていまちた。
輝くアプリコットの被毛をなびかせて‥‥‥ぴかぴか(新しい)

結果はパピー牡3頭2席

お父ちゃんは涙の涙の感激ようでちた。

預けて2週間足らず、親バカですが、オチュくん本当に綺麗で素晴らしいショーでちた。

こんな短期間でオチュくん、こんなに変わるのかと思いまちた。



で‥‥‥画像ですが顔(なに〜)

動画を撮ることに気を取られて撮り忘れまちた顔(汗)

そのうえ、里心が付かないように、変装してオチュくんには気付かれないよう遠くから撮ったので‥‥‥あせあせ(飛び散る汗)

オスカー



オスカー





預ける前のオチュくん

オスカー



オスカー

散歩するといつもこのポーズClap


オスカー&きみちゃん

あたちの下僕でちた犬(笑)




オチュくんは6ヵ月になったばかり
今後のさらなる成長に期待したいと思いまちゅ。

次回は条件が整えば神奈川インターに出陣する予定でちゅ。

みなさん、ショー会場アプリの男の子を見かけたら応援してくだちゃい。

ただし、あまり期待しないでねexclamation&question



そして今や、オチュくんは先生が名前を呼ぶとシッポフリフリ飛んでくるようです。
(お父ちゃん涙)


ダリアちゃん&オスカー

そして、先生期待の星の女の子、同級生のダリアちゃんといつも一緒に添い寝をしているそうでちゅ犬(笑)眠い(睡眠)


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村
オチュくんの成長に応援よろちくお願いしまちゅ!

ニックネーム オータム at 22:32| Comment(9) | TrackBack(0) | ドッグショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

今、思うこと‥‥‥

オータムです。


あけましておめでとうございます。


またまた、久々の更新になってしまいました。顔(汗)

早いもので、セピのこどもたちは、もうすぐ6ヵ月を迎えます。


この6ヵ月間、セピの子どもの成長を観察しながら、考え思ったことを書いておこうと思います。

今回、はじめてショードッグを意識してブリーディングをしましたが、本当の難しさ大変さを思い知りました。

今まで、このブログで偉そうなことを書いてきましたが、ブリーディング・ショーイングについて全然わかっていなかったように思います。

今更ながら、New Spring Day の春日さんの苦労、努力、そしてその功績を実感しました。 




思えばNew Spring Day の春日さんがレッドアプリのショーブリーディングをはじめてから20年が過ぎました。

アメリカからスティンキーなどの基礎繁殖犬を迎え、ライダースのブギー、ブギーの直子の赤い突然のの衝撃のレディ、パンパースのトロピカルサンなど当時レッドアプリの最高のスタッドドッグを交配し、自己のスタッドドッグとしてサンシャインを所有しました。

そして、今よりもっと暗黒の時代、レッドアプリはプードルじゃないと陰口を言う人が多い中9頭のチャンピオンを完成しました。

最近、よく春日さんが何を思ってショーブリーディングしていたのかと考えます。

当時はプードルは人気がなくレッドアプリのプードルなどほとんどいませんでした。

もちろん、お金儲けになるはずはなく、収入は自分のことに使うことはなく、すべてをプードルに使っていたと聞きます。

やはり、ただただレッドアプリのプードルが好きで、良い子作りたい一念だったように想像します。




ぼくは7年半前にあきを迎えました。
たまたまあきの父がケイヒンミモトさんのキムくん、その父が New Spring Day のジョージくん、キムくんのボトムラインが New Spring Day Red And Anis だったことから New Spring Day に興味を持ち、いろいろ調べ、また問い合わせもしました。

そして、 偶然New Spring Day のプードルを引き継がれていたル・カニッシュのじゃすみんさんとお会いし、奇跡的にセピアを迎えることができました。

セピアを迎えると決める時、自分の中で義務を課しました。

一つはブリーディングをし、母系を残すこと。
もう一つは、良い子が生まれればショーに出すこと。

昨年、セピアの相手として同じNew Spring Day の血を引くトゥーリオくんを交配し、きみちゃんとオスカーが生まれました。

念願の女の子きみちゃん授かりましたが、もうすぐ6ヵ月で1.5sとサイズが小さく、おそらく子どもを生ませることはできそうもなく、今回は母系を残すことは難しいでしょう。
母系を残していく難しさを、身を以って実感しました。




そして、オスカーですが、1月6日にショーブリーダーでトリマーハンドラーのY先生に預けました。


オスカー



話がそれますが、プードルをショーに出す場合、自分がトリマーハンドラーではない限り、預ける必要があります。
セピアの実家のじゃすみんさんとよくお話するのですが、預けることは犬に負担をかけることになり、自分の気持ちとしても申し訳なく大変辛いものがあります。
ぼく個人としては、優秀なプロハンドラーであっても簡単に預けられるものではありません。
Y先生という心から信頼できるハンドラーに出会えたからこそ、ショーに出すことができるのだと思います。


オスカー




今やっと、ここまで来たかという気持ちでいます。

ここまで来る事ができたのも、このバカなオタクなブログを見ていただき、コメントやメールをいただいたみなさんのおかげと思います。

たくさんの情報や応援のメッセージをいただきました。
そういうことがすべて、糧になり力になっているように思います。

New Spring Day の春日さん、New Spring Day を引き継がれたCappuccinoのきぃさん、ル・カニッシュのじゃすみんさん、Y先生、そして、みなさんに感謝したいと思います。


しかし、期待しないでください。
オスカーにはたくさんの欠点があります。
ショーのリンクで普通に歩けるかもわかりません。
ショーのリンクをテールを上げて、楽しく歩くことの難しさを今、実感しています。
ぼく自身、心から普通に歩いてくれれば、それだけで涙が出るほど嬉しいだろうと思います。
おそらく自分の子どもが運動会に出るような気持ちではないでしょうか。



これからも、春日さん、きぃさん、じゃすみんさんのように資財を投げ出してというわけにはいきませんが、できる限りのことをするつもりです。



近々、オスカーはパピークラスでショーデビューする予定です。
もし、みなさんがショーに行かれた時、濃い目のアプリの男の子を目にしたら、心の中で「オチュ、ガンバレ!」と言っていただけたら嬉しく思います。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村オチュに応援よろしくお願いします!
ニックネーム オータム at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする