2012年05月21日

奇跡の血量 その28

あきでちゅ



P1100286.JPG

長らくご無沙汰しまちた。
新年の挨拶もせず、すみまちぇん。

みな元気で過ごちておりまちた。



今日は、報告がありまちゅ。

セピア、今月はじめ、2回目のヒートがきまちて交配しまちた。

5月12日と14日にお父ちゃんとセピア、はるばる広島の福山へ‥‥‥

福山まで2往復はかなり、きつかったようでちゅが、無事任務を完了してきまちた。


セピアを迎えると決めた時から、相手を誰にするか考えてきたわけでちゅが、ヒートが来た時少し悩みまちた。

何人かの候補がいまちたが最終的には、セピアの実家に相談して決めまちた。

少し悩んだとはいえ、信念の交配でちゅ。。


相手は内緒と言いたいところでちゅが、これまでの当ブログの流れからお伝えしないわけにはいきませんね。



トゥーくん

ライオンカットのペットちゃんでちゅ。
と、言いたいところでちゅが‥‥‥

わかりずらいので、ここからは標準語で話します。


昨年、JKCチャンピオンを完成した若きキューティーボーイのトゥーリオくんです。

もちろん、お顔が可愛いからトゥーくんにした訳ではありません。
血統、骨格構成、性格など生まれてくるだろう子どものこと、将来の計画を踏まえた上、選びました。


トゥーくん
          JKCCH Meque Meque JP Red Bennet





トゥーくん

ネックが長くバランスのとれた伸びやかなラインを持っています。
性格は明るく、しかし落ち着きがあるというところも気に入りました。


血統名からわかるとおり、レッドアプリコットの名門"メケメケケンネル"出身

本当の New Spring Day の日本有数の素晴らしい血統のプードルです。

オタクな説明をすると、お父ちゃんが恋して止まなかった、Nanjac La Rouge Honey RoseNew Spring Day Red Angel FCIWan Wan Paradise JP Red Bibianのボトムラインを持ち、トップラインの祖父は JKCCH Meque Meque JP Robert Burns Red (ブルックリン)
さらに、AMCH New Spring Day Bougie Red (ジョージ)3・3×2のクロスを持っていまちゅ。
おそらく、このボトムラインはメケメケ様が春日さんから受継がれ、大切にしてきたラインで、今やレッドアプリコットでは日本一チャンピオンを輩出している母系と思います。


オーナー様のお話では、ショーで遊べる子をと頼んでいたそうですが、順調にチャンピオンを完成しました。


トゥーくん

ジュニアデビュー戦で一枚目のカードを獲得。





トゥーくん

プロハンドラーばかりの中ポツンと1人、素人のオーナーハンドラーで戦いました。





トゥーくん

イングリッシュサドルクリップにカットチェンジ。





トゥーくん

2011年10月15日、島根県クラブ連合会展にてチャンピオン完成。

「素人が引いてレッドでヤングアダルトでCH完成なら花丸かなと思っています。」とオーナー様は謙遜しておっしゃっていました。

昨年、レッドでJKCチャンピオンを完成したのは、おそらく4頭、素晴らしい快挙と思います。


気が早いですがセピアが受胎していれば、New Spring Day のラインブリードの子が生まれることになります。

さらに言うなら、メケメケ様系 Nanjac La Rouge Honey Rose ボトムラインとカプチーノ、ル・カニッシュ系 AMCH Fairview's Mischief Maker (スティンキー)ボトムラインの組み合わせは、はじめての組み合わせのように思います。

春日さんが亡くなられて10数年を経て、春日さんが天国でどう思っているかわかりませんが、あたしたちが望んでいたラインブリーディングができたことを春日さんに感謝したいと思います。


そして、もし、良い子が生まれれば、ショーイングする予定です。

New Spring Day の血の優秀さを証明し、その血統を残すというあたしたちの夢?野望?の第一段階に入ります。


トゥーリオくんのオーナー ラブトライアングル様、ありがとうございました。


セピア

セピア、何事もなかったように元気にしています。


今回も、親バカ炸裂、オタクなブログにお付き合いいただきありがとうございまちた。


ご質問等があれば、コメントまたはメールホームからお願いいたちまちゅ。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへセピアの受胎と無事の出産にポチっと応援よろちくお願いいたちまちゅ!

ニックネーム オータム at 21:48| Comment(11) | TrackBack(0) | 奇跡の血量 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする